出版コストを大幅削減あなたが著者になる!最短2カ月でKindleストアに電子書籍を出版できます 出版コストを大幅削減あなたが著者になる!最短2カ月でKindleストアに電子書籍を出版できます

コンテンツエッジは、
出版プロデュース、原稿編集、インタビュー&代行執筆、
表紙デザイン、DTP、
POD(=Print on demand)により、
電子書籍と紙書籍発行の制作業務を
一括してサポート
しています。

実績のご紹介

開国のイノベーション amazonで見る
私の自分史 PDFを開く

電子出版市場が伸びています

出展「電子書籍ビジネス調査報告書2020」
■2019年度の電子書籍市場規模は前年比22.9%増の3473億円と推計され、2018年度の2826億円から647億円(22.9%)増加しています。社会問題化していた海賊版サイトの閉鎖以降、電子書籍の認知度向上と正規サイトの利用促進が進み、売上は拡大が続いています。
一方、電子雑誌市場規模は277億円(対前年6.4%減)と推計され、2年連続の減少となりました。
電子書籍と電子雑誌を合わせた電子出版市場は3750億円になりました。2020年度以降の日本の電子出版市場は今後も拡大基調で、2024年度には2019年度の1.5倍の5669億円程度になると予測されます。

電子書籍出版をするメリット

○多くの情報を伝えられる
ホームページのテキスト情報では伝えきれない、多くの情報を伝えられます。
○新たなビジネスを創造できる
既存のクライアントに、経営者の考え方を明確に伝え、新たなビジネスを創造します。
○印税収入が得られる
Kindle Direct Publishingでは、規定により売り上げの35%または70%が印税収入となります。
○海外のストアでも販売可能
日本語の原文を英語、中国語、スペイン語等の外国語に翻訳して、海外のストアで販売できます。
  • 本を自費出版するためには200万円~300万円程度かかることが一般的・・・
  • 数百冊~数千冊の在庫の買い取りを避けたい・・・
  • ライティングや編集、デザインなどをどう進めたらいいか・・・
  • 電子書籍だけでなく紙書籍の出版もやってみたい・・・
コンテンツエッジなら、
出版コストを大幅削減!
制作から販促までワンストップでサポートします!

先ずはお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

オンラインサロンのご紹介

著者志望の方の多くが
同じような疑問や要望をお持ちです。

  • 電子書籍に関する知識が欲しい
  • 紙書籍と電子書籍のそれぞれのメリットは?
  • 出版テーマをどのように決めたらいいのか?
  • 他の著者志望者はどのように執筆に
    臨んでいるのか
  • 一人で執筆を進めるのは辛い。
    同じ執筆仲間が欲しい
電子書籍で
「自分の著書を出版する」ことを
目指している人のために
オンラインサロンを立ち上げました。
詳細はこちら